リーファナカガワ

品質にこだわる家具・雑貨のお店
<営業時間>10:30 〜 19:30

公式オンランショップ
LINE Instagram

私たちの歩み

history

リーファ・
ナカガワの軌跡

1957年(昭和32年)

タンス職人であった中川法見(なかがわほうけん)が白山市
(旧 松任市)安田町でタンス店を始める。

創業者 中川法見

創業者 中川法見

1965年(昭和40年)

白山市(旧 松任市)安田町にて合名会社中川タンス店を設立。
1960年代に始まった戦後の高度成長期には大量生産・大量
消費が始まったが、中川タンス店は一貫して品質重視の姿
勢を守り、顧客との信頼関係
を築いていった。

タンスはなぜ「棹(さお)」と
数えるのか

1972年(昭和47年)

安田町の店舗に駐車場がなかったため、利便性を求めて白
山市(旧 松任市)村井町に2号店をオープン。店名を中川家具
センター松南店とし、新しい店舗では約20台の駐車台数を
確保した。新店舗オープンにともない、安田町店はベビー
家具専門店
になり、その後閉店。車社会の到来を見据えた
郊外への社屋移転は功を奏し、この時期に売り上げが飛躍
的に伸びる。

中川家具センター松南店外観。ピンクの建物がひときわ目を引いた
一大イベントとして親しまれた夏祭り

タンスはなぜ「棹(さお)」と
数えるのか

1983年(昭和58年)

事業が拡大したことで、2号店(中川家具センター松南店)に
ほど近い白山市徳丸町(現所在地)に3号店となる松任バイ
パス店を新築し移転。店舗の売場面積が県内1位
になる。
3号店の完成に伴い、松南店は閉店となる。移転を果たした
ものの当時は国道8号線とその周辺の交通網が充分に整備さ
れておらず、オープンからしばらくは客足が伸び悩む苦しい
時期を耐えることとなった。約2年後には道路の整備が完了
し来店者数は飛躍的に伸びた。

3号店となる松任バイパス店(現店舗)。
完成当時は2階建てであり、一部が住居にもなっていた

1990年(平成2年)

現社長中川幸雄、修行を兼ねて大阪で就職。
4年間もの修行期間の間、営業・建築・貿易など、更に
高度な専門性を積極的に学び、持続的拡大の基盤を構築。

1991年(平成3年)

店舗に隣接して1500坪の大型駐車場が完成。

1992年(平成4年)

合名会社から株式会社に組織変更。社名を株式会社ベスト
家具に改称し、中川邦守(現 会長)が社長に就任。
店名は当時ブライダル家具が全盛だったこともあり「中川
家具 幸福(しあわせ)の館」
とした。

国道8号線沿いの店舗

ブライダル家具

同年8月、河内村に保養所のログハウス“いこいの家”完成

1994年(平成6年)

第一種大規模小売店登録。当時は周辺に前例となる大規模
小売店がなく、取得に際しては関係各所に何度も足を運ぶ
など、難航した。
現社長 中川幸雄が専務取締役に就任。
輸入住宅のブームに呼応して輸入家具部門を設立。

輸入家具の販売を開始

1998年(平成10年)

3階部分の増築が完成。

輸入家具の販売を開始

1999年(平成11年)

創業者中川法見逝去。享年85歳。

2002年(平成14年)

4階増築が完成し、売場積が約2000坪に拡大。

2003年(平成15年)

店名を、中川家具からリーファ・ナカガワに改称。
改称にともない、著名なデザイナーにロゴマークの制作を
依頼。1階にインテリア・雑貨のコーナーがオープンし、
家具は2階以上に移動。

オープン直後のインテリア雑貨コーナー

雑貨の取り扱いを開始

2005年(平成17年)

外観を改修し、リニューアルオープン。

雑貨の取り扱いを開始

2008年(平成20年)

日本でもいち早く、シンガポールから入荷したマジック
ボールの販売を開始。
代理店の権利を取得し、翌年には
マジックボール事業部を幸雄社長と3名の社員で設立する。
店頭での販売と並行して、病院などの施設や企業への法人
営業も展開。

販売を開始した当初のディスプレイ

2010年(平成22年)

「リーファで暮らし全体をコーディネート」をテーマに、
アパレル部門に進出。雑貨とともに1階にコーナーを設置。
洋服の販売を皮切りに次々とファッションアイテムが増え
ていった。

2011年(平成23年)

ロゴマークを現在のものに変更。

中川家具センター時代に作られたロゴマークと現在のロゴマーク。
木のぬくもりと積み重ねてきた年輪をイメージしてつくられた

2013年(平成25年)

中川幸雄が代表取締役社長に、社長を務めてきた邦守は
会長に就任。

2020年(令和2年)

食品と酒類の取り扱いを開始。全国各地から厳選したこだ
わりの食を提供
し、定期的にご当地グルメを集めたフェア
も開催。
衣食住すべてのアイテムが同一店内で揃うこととなった。

1階中央に位置する食品コーナー

2021年(令和3年)

お客様への提案力向上を目的に、店内に撮影ブースを新設。
自社で販売する家具を組み合わせたトータルコーディネート
の提案
が可能となる。

撮影ブースで撮影された1枚

Service

ほしいものがある日も、ない日も
行こうよ! Li-fa!

家具

職人の手でつくられた日本製の家具を中心に、国内外の良質な家具を幅広く展示。

詳しく見る

生活雑貨

ふだんの生活を楽しくしてくれる雑貨が集合。長く愛せる優秀アイテム揃いです。

詳しく見る

マジックボール

香りによる癒しと快適さを演出。空気を洗浄する画期的なアロマディフューザー。

詳しく見る

ファッション

オトナのおしゃれを意識したトレンドアイテムをトータルコーディネート。

詳しく見る

住宅部

家具とインテリアから考える理想の家づくり — それが私たちの原点です。

詳しく見る
公式LINE バーチャル
見学