◆お洋服の最大の味方◆桐のたんす

皆様、こんにちは!
今回は『桐タンス』について、ご紹介いたします!(/・ω・)/

 

桐タンスと聞くと、婚礼タンスなど総桐たんすを思い浮かべますね。

なぜ、タンスの素材として、桐が使われているかと言いますと…
単純に桐材が、お洋服など収納する点において、一番向いているからです!

 

桐の性質は大きく5つございます。

1.防湿性
桐が収納に向いている一番の理由です!
桐自体の組織が湿度に反応し、空間の湿度を一定に保ってくれます。

 

2.抗菌効果
桐にはパウロニンやセサミンという防虫成分が含まれており、抗菌性に優れています!
なので、ノミやダニなどの虫がつきにくくなっており、衣類を守ってくれます。

 

3.腐食に強い
軽くて柔らかい桐は、腐りやすいと思われがちですが、
桐にはタンニン(天然の防腐剤)が多く含まれているため、実に極めて腐りにくいです!

そのため、総桐タンスは永い間使うことが出来るのです!

 

4.加工がしやすい
桐は柔らかいので、加工がしやすく、気密性の高いタンスを作るのに向いています!

抽斗(引き出し)を押し入れると、他の抽斗が出てくることがありますよね?

▽真ん中の抽斗を入れると…

▽両隣の抽斗が出てきました!

この現象こそが良いタンスのです!!

もし、抽斗がかたくなって開きにくくなったら、
少しずつ開けて、風通しをよくしておくと、元に戻りますよ!

 

5.難燃性
桐は他の木材に比べ、着火点、発火点が高いので燃えにくい材質です!
(※木材に火が付く温度を着火点、炎となって燃え出す温度を発火点と言います)

ちなみに…桐は吸湿性が高いので水にも強いです。
火にも水にも強いので、この性質を活かして金庫にも使われているんですよ♪

 

最近は、総桐たんす以外のタンス(チェスト)でも
中の引き出しの部分だけ桐材を使っているものもございます!


リビングに馴染むようなシンプルなデザインのものや
上置きの高さをオーダーできる壁面収納タイプなどもございます!

▽ハイチェスト

▽ローチェスト

シンプルなデザインだと、どこに置いても馴染みますね(^^)/
リビングや寝室に設置して、家族の衣類を収納しても良いかもしれないですね!

▽壁面収納タイプ

 

サイズや色などいくつか種類がございますので、
複数を組合わせてお部屋ピッタリにコーディネート出来ますよ♪

 

この機会に、お部屋に合うタンスを探してみませんか?
皆様のご来店、心よりお待ちいたしております!

 

タムラ

スタッフブログ新着