◆夏でも涼しい?ウール絨毯の魅力 ◆パキスタン緞通・ペルシャギャッベ

夏場にカーペットをお探しに来られる大半の方は生地が薄手でさらりとしたものをご希望されますね

  

けれどこの場合ワンシーズン限りになってしまうので、その都度片付けなくてはなりません ( ノД`)

出来たら年中カーペットをひいておきたい!

けれども夏場はさらりとしたものがイイ!!当然冬は暖かく!!!

そんなカーペットはあるのでしょうか (>_<)

えぇあるのですよ、それがウールの絨毯です!

えっと思うかもしれませんがウールは保湿性と吸湿性に優れ現代のようにエアコンが整った環境だど、

冷気が当たると表面に保湿している水分を冷ましてくれるのです

もちろんその場所にずっといると人の体温が移りますので、ひんやり感は少しずつ無くなりますが

暑いと思われる程ではないと思います。

※但し体感は人それぞれです(笑)

 

では当店で並んでいるおススメのウール絨毯をご案内しますね\(^o^)/

まずはパキスタン緞通 15~16世紀頃にムガル帝国のアクバル大帝がペルシャのイスファンから

織匠を招いて王宮用の敷物を敷物を織らせたことが当地において生産の始まりだと言われています。

  

どことなくペルシャ絨毯柄に近いのはペルシャから織匠を招いていたからなんですね (^O^)

実際に当店にあるペルシャ絨毯(玄関サイズですが)で見てみると分かりやすいですね

シングル織と言う織り方にする事で密度は保ちつつ折り曲げられるのが特徴です!

 

次に最近流行りのペルシャギャッベ イラン(シラーズ市)を遊牧しているカシュガイ族という部族が

手織りする絨毯でギャッベとは現地の言葉で『目が粗く毛足が長い絨毯』と言う意味だそうです

  

近年ではペルシャ絨毯を製作している工房などによる意匠性を含んだ柄も多いですが、ギャッベはやはり

遊び心がある柄や織った方の願いなどが組み込まれた柄などの方がそれらしいですね (^_-)-☆

※これも人それぞれ(笑)

 

ウールの絨毯は天然素材を利用しておりますので化学繊維素材のカーペットに比べたら確かに値段が

高いのが難点ですね (>_<)

けれどウールは耐久力も優れておりとても長く使えるのが特徴です

使えば使う程馴染んでいきとても愛着のあるカーペットになっていくと思います。

※これは使用状況や感じ方で個人差がありますね(笑)

カーペットをお探しの際は是非ウールの絨毯もご検討下さい。

 

スモールフォレスト

 

 

スタッフブログ新着